婚活パーティーに行ってきました

6c6f21a8e85734557d4ae0ee0141c620_s

親元を離れて仕事をしていましたが、25歳の頃から結婚を意識し始め、パートナーを探そうとしていました。

合コンなどに参加しましたが、総合職で仕事をかなりバリバリやっていたため結婚目的とは思われずに、お付き合いに至ってもなかなか結婚相手を見つけるとまではいきませんでした。

もともと田舎の出身ですので、20代半ばでの結婚が当たり前とされている地域のため、帰省のたびに結婚のことを言われるのも苦痛でした。

そのような地元の友達もまた、同じく結婚を家族に言われていたため、一緒に婚活に励みました。結婚相談所の資料請求をしたりもしましたが、とりあえず出会いを探そうと思って27歳の時にお見合いパーティーに参加しました。

お見合いパーティーは隣の市のものに参加しました。自分の住んでいるところだと知り合いに合う危険性もあったので、電車で1時間かけてお見合いパーティーに行きました。まずは、プロフィールシートに詳しく記入します。生年月日や血液型といった当たり前のプロフィールとか、どのような仕事をしているかや休日の過ごし方、理想の家庭に至るまでたくさん項目があって心折れそうになりました。

そのあと、実際にお見合い形式で順番に相手と話すことになります。なかなか盛り上がらない時もありましたが、プロフィールシートを書いたおかげで何とか話が弾みました。

kousoubiru

そのあとは、フリータイムです。軽食をつまみながら気の合う人と話をすることになります。

人見知りなのでなかなかフリータイムを有効に使えなかったのが反省点でした。

最後に、カップルになりたい人を第三希望まで書いて、それを係りの人が集計してカップルを発表してくれます。私は残念ながらカップルにはなれませんでしたが、友人が第2希望の人とカップルになっていました。その時は30人くらいずついたのですが、大体10組程度のカップルが誕生したのではないかと思います。

婚活パーティーというと、とても身構えていたのですが司会の人がフレンドリーで気さくだったので話が弾んで良かったと思います。

そして、そのあともその主催団体が婚活パーティーをする際に参加しないかという勧誘電話が何度かかかってきました。そういうことが嫌なら参加しないほうがいいかもしれません。

お見合いパーティーでいきなりカップルになるのは相当の覚悟がないとむつかしいと思います。ですが、パーティーのあとにカップルになったメンバーとその友人たちや、気の合う人たちで二次会と称してご飯を食べに行ったりしました。そこでも仲良くすることもできたので友人を作ることができるメリットもあります。

実際の合コンとかなり違うのは、やはり結婚を目的とする婚活パーティーですので、結婚したいという思いがあってそして理想の結婚生活があるということです。もちろん相手がいることですので、そこにどう折り合いをつけるのか、自分の理想と向き合わないといけない時です。

私は結果として婚活で出会った人との結婚ではなかったのですが、婚活をしてみて結婚へのイメージ、自分の譲れないものが明確になり良かったです。

そして、今度は結婚相談所にも興味が湧いてくるようになりました。

調べていくと「結婚相談所おすすめランキング!評判や料金プランを徹底比較! 」でも紹介されている結婚相談所にいくつか興味が出てきたので、今度登録してみようと思います。

婚活パーティーに比べるとかなり金額は高くなってしまいますが、一生のパートナーをみつけることができると思えば、決して高くない買い物だと思えるようになりました。

人生、何にお金を使うかですが、身にならずに消えるようなお金の使い方をすることを思えば、とても有効な使い方だと思います。

今まで迷っていたことも、お見合いパーティーにいくことで、結婚相談所ならもっと素晴らしい出会いがあるに違いない!そう思えるようになりました。