衆議院議員の投票日」がせまっていることででの感想

 12月14日は衆議院議員の投票日である。今回の選挙は、そんなにうるさきうはないようだ。

選挙区もそれほど広いわけではないににもそれ程うるさくはない。住宅地にあまり候補者の連呼する車がこないことにもよる。今回の選挙の投票率は前回の選挙よりも低くなるのではとも新聞等で、報道している。

あまり低い投票率では、当選者事態が信任されたのかという疑問がでてくるのだろう。その新聞の読者の投稿欄にも、投票率の低いことを心配しているものがあったが、これは現政権を白紙委任したことになることのようだ。また若い人の投票率の低いのもんだいであるともかいてあった。

若い人が投票にいかないのは、自分ひとりが投票にいかなくても体制に影響がないだろうと思っているようだし、若い人向けの政策をやっていないこともあるし、そもそも政治に関心がないことにもよるのだろう。しかし外国では大学生が政治活動をしているようだ。

香港では学生が民主化を要求してデモをおこなったり、政府庁舎を取りの囲んでいるとの報道があるのだが、最近の日本の学生はそういうこともやっていないようだ。     

日本では必ずしも政治に関する話題が日常的になされていないのも問題であろうし、ブログ記事でも政治経済社会なりの記事を書く欄が少ないのも気になる。

そうすればかなりブログ記事のネタもふえるのだが。今のブログ記事はあまりのいも経験をしたしとしか書けるものしかないのも、どうかと思うのだが。

デザイン重視か、機能性重視か。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>